予防接種とは
 
インフルエンザワクチン2017
三種混合(DPT)ワクチン
麻疹風疹ワクチン
日本脳炎ワクチン
子宮頸がん予防ワクチン
ヒブワクチン
肺炎球菌ワクチン小児
肺炎球菌ワクチン成人
        他にも
    二種混合ワクチン
    おたふくかぜ
    水 痘
    A型肝炎・B型肝炎
 

 

肺炎球菌ワクチン小児

 小児の感染症の原因菌のひとつです。肺炎球菌によって、脳を包んでいる髄膜で炎症を起こす細菌性髄膜炎や、菌血症、肺炎、中耳炎などが引き起こされます。髄膜炎は早期診断が難しいため重症になりやすく、死亡や重い後遺症の残る例もあります。菌血症は髄膜炎の前段階となることがあります。肺炎や中耳炎は治りにくかったり、繰り返したりします。
 この菌は、多くの抗生物質に耐性(抵抗性)を持っていることが多く、抗生物質が効かないことがあります。

 しかし、あらかじめ肺炎球菌に対する予防接種を受けておくことにより、肺炎球菌に対する抵抗力を獲得することができます。実際、アメリカでは多くの子供さんに接種することにより細菌性髄膜炎などを劇的に減少しております。

 予防接種の回数は、年齢に応じて変わります。
生後2ヶ月〜7ヶ月

初回:27日間以上の間隔をおいて、生後12ヶ月までに3回接種。

追加:3回目の接種から60日以上の間隔をおいて1回接種。

(追加接種は12から15ヶ月齢で受けることが望ましい。)

生後7ヶ月に至った日の翌日から

12ヶ月に至るまで

初回:27日間以上の間隔をおいて、生後12ヶ月までに2回接種。

追加:3回目の接種から60日以上の間隔をおいて、

   生後12ヶ月以降で1回接種。

(追加接種は12から15ヶ月齢で受けることが望ましい。)

生後12ヶ月に至った日の翌日から

24ヶ月に至るまで

60日以上の間隔で2回接種。

生後24ヶ月に至った日の翌日から

60ヶ月に至るまで

1回のみ

当院では1歳以上の方のみ接種しております。

      

 

                 

 



〒731-0113 広島市安佐南区西原8丁目1-15-302 TEL082-874-1333 FAX082-874-1444